何かを選択するとき
悩みますね。
しかし、悩んでるうちにタイミングを逃す・・・
なんてこともありますね。
cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_s

あなたは、どのタイプのEAを選びますか?
ザックリと損益のグラフを用意しました。
キャプチャ

勝率100%
勝率だけを考えると、魅力的に感じますが・・・
さて、誰にも予測できない相場の世界で100%は存在するのでしょうか?
偶然にも現在の相場にフィットしている場合もありますし・・・
100%にするために何かトリックがあるのかもしれません。
おそらく、どこかで破たんすると思われます。
なぜなら、勝率重視の場合は勝率にこだわるあまり、負けが許されないものになってます。
負けても取り返そうとする投資法には、ナンピンやマーチンゲールなどがありますね。
最終的に勝てればいいですが・・・最終的に資金が飛ぶことも考えられます。

では、含み損も含めて考えてみましょう。
キャプチャ2


直線グラフに含み損をかぶせてみました。
どうでしょうか。
単純に考えると勝率を高めるには、ロスカット(損切)をしなければいいのです。
勝率100%を実現させれるものは、身近なシステムがありますね。
トラリピと呼ばれているものです。
トラップリピートIFD
相場にはサイクルが存在し、一定の範囲内を行ったり来たりしています。
なので、何本もトラップ注文を仕掛け、利益が出たときに決済を行うことで
損失をなくします。
しかし、戻るのはいつになるかは誰も知りません。
現状だと戻ると思われいても、将来戻らないかもしれません。
含み損を抱えたまま、何もできずに時が流れていく…塩漬けになることも多々あります。


こちらも勝率が高いモデルです。
キャプチャ3

コツコツためて、ドカンと落ちます。
勝ち負けの回数で考えると圧倒的に勝ち数の方が高いですが・・・
負けると勝ち分を大きく削り取ります。
勝率を上げるため、ストップロスを大きくするとこういったことになったりします。
または、法則に従って勝率の高いものを作ったとしてもイレギュラーは良く起きるので
その際にドカンとやられます。
他にも考えられますが・・・
いずれにせよ。安定している期間がの手法が通用しなくなった時点で
ドローダウンが過去最大につながっていきます。
そして、そのドローダウンがいつ終わるかも不明です。
バックテストの最大DDを超えたときに、計画を変更すると良いかもしれません。


短期間でドカンと稼いでいるモデルです。
キャプチャ4
 
全体の収益は、高いように見えるのですが、よくよく見ると
短期間で大きく稼いでいる時があるパターンですね。
偶然、合致したと言っていいと思います。
偶然だと思いましょう・・・自分なら、そう思います。
その手前までが本来の姿だと私は思います。
ただし、中には稀に出る相場状況に反応するタイプもありますので
全てが当てはまるものでもないですがね。
システムの説明をみて判断すると良いかもしれませんね。


負けたり、勝ったり。
キャプチャ1
 
こんな感じの物が個人的に好きですね。
なんだか、自然な感じがします。
大切なのは、勝率ではないです。
リスクリワードレシオ。
平均損失と平均利益の関係です。
そして、バックテストを見たときに最大DDがどれほどあるかがわかれば
リスク管理もしやすいですね。
そして、必ず稼働前にルールを作ってください。 


何かの参考になれば幸いです。

皆様に幸運が訪れますように! 

fx-onのフォワードテストを見ていて、堅実そうでおススメEA
さざなみ | fx-on.comさざなみ | fx-on.com
 まさにローリスクの鉄板ロジック!複数ポジを一切持たずに安定したトレードを実現。
さざなみ