投資をする上で何が必要か…
常に冷静であること。
冷静に自己分析ができることなのかもしれません。
しかし、それは行動を行った後に分析しても仕方ありません。
それは後悔です。。。
反省は重要です。反省し、次につなげることで成果をあげられる可能性があります。
しかし、大きく失敗すれば反省でなく後悔が生まれやすくなる。

あなたは、何も考えずにまったりすることができますか?
11f29dab7e77420e716836634eb0eb3a_s
時には重要だと私は思います。
家の中でもいいですし、出来るのならば雑踏を離れ、自然の中でのんびり何も考えない
なんてどうでしょうか。
私は、それが好きです。
人工物から離れ、自然の音しか聞こえない場所に赴き、何も考えずに
目を閉じ、耳を澄ませる。
すると、まるで自然と一体になったように脳の中にもまるで目で見ているかのように
イメージ化されていきます。

人工物から離れられないときは、夜景を見に行きます。
一つ一つの灯りが人の生活の灯り、その灯りの中にいたときは思わなかったけど
離れてみるとどれだけ小さなものかに気づかされます。
つまり、焦る必要はないんです。
もしかすると、その灯りの一つが消えても気づかないかもしれない。
ならば、その灯をこれからも光らせるのはどうでしょうか。
小さくていいと思います。

さて、本題でございます。
投資に必要な資金は、余裕資金でなければならない。
中には、余裕資金でなくとも成功する方もいます。
しかし、ごく僅かでしょう。
さらに、近年投資して資産を増やそうとする方が多くなり、
少し敷居が低くなり誰もが始めようとしてます。
お小遣い程度から始める方、貯蓄を崩して始める方など
しかしながら、必要な資金を投資に回したときの心理状態は
おそらく「増えるかもな」「増えたら何しよっかな」などの希望から
「これ以上減ると危険だ」「やらなければ良かった」などの絶望へ
変化を遂げることがあります。
それはなぜか。
余裕資金でないから。
無くなってはダメな資金だからです。
ゆえに、精神的な重圧は大きいものとなります。

余裕資金・・・簡単に言えば、無くなっても生活に困らない資金です。

端から「無くなってもいいや」って考えで適当に投資をすることは問題ですが
リスク管理のルールを決めて、それを守りやすいと思います。
「次、勝たなければ・・・」って意識が出ずらい物と思います。
 投資は、資本を投げると書きます。
投資と投機は意味は違いますが・・・世間一般でいうとFXは後者の投機に入りますね。
利益の為に資本を使うんです。

今、投資をしようとしている方。
その資金、無くなっても大丈夫ですか?
希望だけで始めようとしてませんか?