オセアニア時間とアジア時間は、値動き(ボラ)が小さいもの・・・
規則性は、見つかるものです。
と言うか、見つけやすい。
 
特に、USD/JPY(米ドル)に関しては、見つけやすい。
と言うのも、それぞれ互いに自国の通貨だからだと思う。
ユーロは、多国で使われているし、ポンドは、ユーロに左右される。
豪ドルは、中国に左右される。

しかし、世界の経済状況に左右される物の
比較的、安定している二つの通貨。
それが、米ドルと円。

日本が多額の負債を抱えても未だ潰れないのも
自国の通貨だからだ。
しかし、刷ればいいわけでもなく、やりすぎると極度のインフレを起こす。
歴史上でも自国の通貨を刷りすぎて、極度のインフレを起こし、
経済破綻した国もある。

とは言え、日本にはそれなりの魅力?があるわけで
現状を少しずつ改善することが出来るなら、将来性が見えてくる。

余談は、その辺にして
オセアニア・アジア時間のチャートを見てみよう。
USD
白い時間は、日本時間を表しています。

6時から9時までは膠着状態が続くが、日本のマーケットが開くと動きが活発になり
一定の方向に動く、その後、10時前後でまた膠着状態になり、
ロンドンタイムを前にして動き出す。
そして、ロンドンタイム前に買いが続けば、売り戻しが起きる。
と言った感じで、チャートを見ているとある法則にのっとって規則的に動きやすい通貨ペアと言える。
もちろん、全てが合致するわけではない。
それが、難しいところなんですがね。。。
ファンダメンタルな部分も考慮すると素晴らしい結果を導くでしょうね。

しかし、いちいちチャートに張り付くのも面倒なので、
ある法則に基づいて確率論から導き出したEAが、Morning_Limitedなのです。
なので、ある条件が揃わないとポジションを保有しません。
また、基本ポジションは、1個しか持ちません。(V2は、基本ポジションを持って初めてナンピンを打ちます。)
週に5回ある、この時間帯から条件が発生するのを待ち
条件が揃うとポジションを保有します。
従って、毎日ポジションを保有できるわけではありません。
気付いたら、持っている。と言った感じです。

朝、眠い方。仕事がある方にお勧めEA。

日本時間の朝の動きに注目しました。
logo

ポジションは、1個のみ保有。
損切りは、35pips。
利確は、ロジック通りに撤収。
リスクが小さめのタイプです。


米ドルの朝の癖を掴み、うまみを刈り取る。
logo

ポジションは、1個保有し、その後
ある条件がある場合のみ2倍ロットをナンピン。
(下がったから、とりあえずナンピンではありません。)
損切りは、40pips。
利確は、ロジック通りに撤収。
V2の方が、ナンピンを打つ分リスクは高めですが、
収益性も高いです。


 両方とも設定は簡単になっております。
ロット数を入力。
*複利にする場合は、設定ロット数は無効になり、Risk設定〇〇%で自動設定。
サーバーの時間に合わせる。
*日本時間の6時と10時に合わせてください。

あとは、勝手に動き出します。
時間を間違えると・・・(;´Д`)
サマータイムとかは、あまり関係ないです。
なぜなら、日本の参加者の動きに便乗するからですww