windows10 メージファイルで修復しましたが…

さて、前回SSDからHDDに構成を変更するとか言っていましたが…
ここで問題が発生します。
8f8023f0571d2db4a288408570806c42_s
イメージディスクで修復しましたが・・・
パーティションが以前と同じであるため
せっかく大容量のSHDDに変えても、Cドライブの容量が変わりません
残念ですね。。。

Windows10のスタートメニューを右クリックすると
ディスク管理が簡単に見えるので見てみましょう
おそらく、未割当があると思います。
なおかつ、回復パーティションが邪魔をして、Cドライブの拡張も出来ない
とか起きると思います。
確か、パーティションを飛ばして設定もできたような気もしますが、
標準装備では出来ないため、回復パーティションを消すことにします。

どうやって消すんだ???
回復を選ぶとヘルプしか出ない!!
なんて陥ると思います。

(ΦωΦ)ふふふ・・・・
こんな時の為に、コマンドプロントがあるんですよw
*ただし、回復パーティションを消すので自己責任でお願いします
  1. コマンドプロンプト(管理者権限)を起動
  2. diskpart
  3. list disk(ディスク番号を確認)
  4. select disk 0(ディスク0を選択)
  5. list partition(パーティション一覧から回復パーティション番号を確認)
  6. select partition 5(回復パーティションを選択)
  7. delete partition override

こんな感じです(笑)
毎回になりますが、出来る人がやってください。
自己責任なので(;´・ω・)

全く分からない方は、諦めてリカバリーから始めてください。
 

MAとCCIを利用したEA

CCI以外にも使ってますがね。
201a7789ef1aa6132ddcf384d6bb68f4_m
ポートフォリオの一角として活用できそうなEAを開発中なのですが…
時間設定なしで、EAを設置するだけで稼働出来るものをと・・・
しかしながら、難しいですね。

どうしてもファンダメンタルの強い時に成績が落ちたりするようです。
現在のテストデータ
名称未設定 1

 曜日別でみると平均した勝率ではありますが…
時間帯別でみると苦手な時間がある感じです。
ファンダメンタルの影響を受けにくい時間帯で動かすと勝率も上がりますが…
できれば、何の設定もなく稼働できる物がいいですよね。。。
私自身、時間設定の部分を作るのが苦手ですし…

パラメータやらなにやら調整して行こうと思います。
現在のPFは、1.3~1.51程度です。 

MT4ってビルド650以降のデータフォルダが・・・

ビルドが上がって気づくとデータフォルダの場所が変わってるMT4
ビルド650以降ですかね。
59ba87e889f9fe8da22dfeaee394fe76_s

現在のMT4は ビルド950ですが・・・
データフォルダと本体のインストール先が違います。
特にPCの高速化を行うためにSSDに変えた方、これから変えようとしている方は注意が必要です。
何に注意するか・・・
容量です!

ヒストリカルデータを大量に取得するとあっという間に空き容量がなくなります。

特にSSDで高速化を行う方は、
おそらく、SSDをOSのあるドライブにし、HDDをデータドライブとして活用すると思います。
しかしながら、仮にMT4のインストールフォルダを大容量のHDD側に設定したとしても
残念ながらインジケータやEA、ヒストリカルデータは、OSのあるSDDに保存されることになります。
MT4で設定できるんじゃね?と思うかもしれませんが
できないです。
では、どこにそのデータがあるのか。。。

ユーザーフォルダと言われるドキュメントやらピクチャやらが通常設定されている場所。
の中のAppDataフォルダ内にあります。
ドキュメントフォルダなどをHDDに切り替えることは簡単なのですが・・・
AppDataフォルダの移動は、すぐにできません。。。残念です。。。
仮に、すでにSSDを組んでおり、空き容量がない方で今後もその構成を保ちたい方は
コマンドプロントから設定することで・・・おそらくHDD側にAppDataを入れることが可能です。
Linuxでよく使われるのですが、 シンボリックリンクを使う方法です!
Windowsだとショートカットを聞いたことがあると思いますが、
ショートカットとは性質が異なり、システム自体もリンク先に導くことが可能になります。
自分では、SSDからSSHDに変更するため使いませんが…
シンボリックリンクを使う方は、自己責任でお願いします。

シンボリックリンク設定。
1.コマンドプロントを管理者として実行してください。 
2.コマンドプロントで管理者で操作するためのコマンドを入力します。
 net user administrator /active:yes
3.再起動して管理者でログイン。
*ちなみに、これらを行う前に念のために復元ポイントを作っておいてください。
4.D:\Users\ユーザー名 のフォルダを作成(作りたいドライブにしてください)
5. そこにAppDataを移動させてください。(元のAppDataが消えたか確認)
6.コマンドプロントでcdを使ってユーザー名フォルダに移動
7.コマンド入力します。
 mklink /d AppData D:\Users\ユーザー\AppData
8.再起動し、現ユーザーでログインしてください。
10.移動したAppDataフォルダのアクセス許可をフルコントロールにしてください。
11.コマンドプロントで管理者アクセスを無効にします。(管理者で実行)
 
net user administrator /active:no

以上です。これを見てさっぱりわからん方は実行しないほうが賢明だと思います。

速さも求めいたい場合は、SSDとHDDのハイブリッドであるSSHDをお勧めします。
価格も安いですしねw
SSDほどは早くないですが…SSDの場合、全てのファイルへのアクセスが高速化されますが
SSHDの場合は頻繁に使うファイルのみ早くなる仕組みです。
現在の設定等を移行したい場合は、
イメージバックアップを取って、そこから復元させることで換装しても従来通り使えます。
イメージバックアップは、システム丸ごとバックアップを取るため
外付けHDDか内蔵HDDを利用します。
 

◆アーカイブ◆
FX-ON【PR】
◆ご質問等はこちら◆
◆MSNR◆
思った事を素直に書いていいます。
プライスアクションの癖を見つけ、それを基にEAの開発しております。

検証記事などに関して…
公開情報やネット上にある情報を基に必要と思われる情報を掲載しております。
◆シグナル配信中◆
◆MSNR的EA◆
販売中のEAたちです。
Afternoon_Limited | fx-on.com Morning_Limited_V3「匠」 | fx-on.com Morning_Limited_V2「極」 | fx-on.com Morning_Limited | fx-on.com Re_Trap | fx-on.com
◆おすすめ口座◆

FOREX.com×タイアップキャンペーン☆未来予測チャート


OANDA JAPAN×タイアップキャンペーン☆WhiteBear Z EURJPY☆プレゼント


トレイダーズ証券「みんなのシストレ」
  • ライブドアブログ